『自然は緑のくすり箱』

f0342372_09193854.jpg


久しぶりに人に薦めたくなる本に出会った
ハーブやアロマテラピー関係の本はHow Toものが多い
それはそれで実践に役立つのだが
この本はもっと奥が深い

15種類の植物が紹介されている
ラベンダーやバジルなどのなじみのあるハーブから
サイカチなどと全く聞いたことがない植物まで
それぞれのものがたりと
著者の経験にまつわる強烈なエピソード
にぐんぐん引き込まれてしまった

著者の植松 黎さんは植物学者ではなく
エッセイストで翻訳家
文章が美しく魅力的

副題は「薬草のある暮らし」
古くから植物が薬草として
人々の生活の中でいかに大切に扱われてきたか
現代の科学者たちがその薬草を
医薬品として利用しようと
研究に研究を重ね
努力してきたか
など改めて再確認させてくれる内容だった

読後、著者が勧める薬草風呂に入りたくなった





by dandelion-fluff | 2015-04-22 09:19 | 日々のこと | Comments(0)

大好きなハーブ、アロマ、植物のことを綴ったブログです


by dandelion-fluff
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31