紅葉の雲場池~上田城~小諸懐古園

三連休2日目、
日が昇る前に出発して
朝一番で軽井沢の紅葉の名所
雲場池へ
f0342372_20124748.jpg

f0342372_20130865.jpg
噂にたがわず美しい場所でした。
水面に映る紅葉がみごと。

白糸の滝は、見頃がほぼ終わりに
近づいていましたが、
その繊細な滝の流れは
いつ来ても清々しい気が流れています。
f0342372_20172530.jpg

その後、ドライブがてら向かった
上田城と小諸の懐古園の紅葉が
想像以上の素晴らしさ。

f0342372_20193353.jpg

f0342372_20200527.jpg

f0342372_20205747.jpg

f0342372_20212028.jpg

京都以外に🍁の美しい場所はない
と思っていた私ですが…💦
失礼しました🙇

f0342372_20243881.jpg

ちょっと遠出をして
飛びきりの秋を見つけた一日

[PR]
# by dandelion-fluff | 2017-11-04 20:08 | お出かけ | Comments(0)

内藤とうがらし

あるイベントで江戸東京野菜の一つ
内藤とうがらしを手に入れた。
それをハーブの仲間に差し上げたら
普通は捨ててしまう種を蒔き、
たくさん芽が出たとのことで
苗を分けてくれた。
その友人は、すでに赤くなったとうがらしを収穫、
ペペロンチーノにして食べたとのこと。

うちの苗はと言うと…
市民農園に植えて
収穫できるのを首を長くして待っている。
最近ようやく緑色から
少しずつ赤くなってきた。

f0342372_10360070.jpg

タイムリミットはもうすぐ
うちの市民農園の区画は
極端に日当たりが悪いのだ。

寒さで枯れる前に何とか収穫して
その味を試してみたい。

「内藤とうがらしプロジェクト」
というHPがあり、それによると
この唐辛子は、
鷹の爪よりも辛味が優しいので
食べやすく、上品な旨味があるとのこと。

江戸時代、今の新宿周辺が
唐辛子畑で真っ赤に染まっていたなんて
想像するだけでわくわくする。

早く赤くな~れ





[PR]
# by dandelion-fluff | 2017-11-02 10:33 | 和のハーブ | Comments(0)

ミスターラグビー 平尾誠二さん

用事で大阪へ。
どうしても行きたい場所があり
隙間時間を利用して
グランフロント大阪の
紀伊國屋書店にたどり着いた

f0342372_13492236.jpg

永遠の憧れのひと
思い出に残る数々の勇姿
プライベートの笑顔溢れる写真
直筆の文字が書かれている手帳や
マフラー、手袋などの愛用品が展示され
息づかいが感じられるような
そんな場所だった。

ちょうど一年前、
スマホのニュースで
訃報を知った時は、
信じられなかった
「なぜ?なぜ?なぜ?」
今、写真の中で生き生きと輝いている彼の姿を見ていると、また寂しさが胸いっぱいに広がってきた。
f0342372_14040795.jpg

山中教授とのエピソードも
心打つものがあった。
最後の最後まで一緒に闘い続けたふたり
涙、涙になるのは分かっているが、
本もぜひ読んで
彼の生きざまをたどりたい。

[PR]
# by dandelion-fluff | 2017-10-21 09:02 | 日々のこと | Comments(0)

ティートゥリー

f0342372_16344124.jpg
ティートゥリー精油の原料になる
ティートゥリー

オーストラリアやニュージーランドが本場だが、
ハーブの師匠のご自宅で大きく育ったものを
分けてもらった。

ティートゥリーと言えば
高い殺菌力
オーストラリアの先住民アボリジニは
古くから万能薬としと愛用していたと言われている。
f0342372_16355307.jpg
まずは、フレッシュの葉を取り
チンキ作り
作業中、まるで森の中で深呼吸しているような
スッキリとした香りで癒される。
f0342372_16362066.jpg
ハーブのクラフト作りは
香りを楽しみながらのひととき
贅沢な時間
f0342372_16372849.jpg
一緒にいただいたマートル
別名ギンバイカ
明るめの葉っぱの色が美しく
こちらもスッキリとした香り
f0342372_16365076.jpg
収穫した唐辛子と共に飾る


[PR]
# by dandelion-fluff | 2017-10-15 16:09 | ハーブ | Comments(0)

ルー(ヘンルーダ)

f0342372_12352484.jpg
コスモスと一緒に摘ませてもらったハーブがある。
小さな葉っぱは、やや青みがかったシルバーリーフ。
葉姿が愛らしいので、ステンシルしてもおもしろそう。
f0342372_12355003.jpg

全草に独特のにおいがある。
私は、甘い香りを感じるが
香りの感じ方は人それぞれ
好き嫌いが分かれるにおい。

英語名の「rue」には悔い改める、懺悔するなどの意味があり、
古くからキリスト教の儀式にも欠かせない
「Herb of grace 神の恵み」とも呼ばれていた神聖なハーブ

本などの虫除けにも使われていたとか…
そういえば、昔は古い本に小さな虫を見つけたこともあったが、
今は紙質が変わったのか見かけることはない。
衣類の虫除けとして使うサシェを作ろうと
乾燥させている。

このハーブを育てているお友達は、
私よりも一回り以上年上の方
アロマとハーブが大好きで
いつも若々しく好奇心を持ち
興味のあることに邁進
とってもパワフル
そんなお手本になるような
人生の先輩が近くにいて
有り難いと思っている。












[PR]
# by dandelion-fluff | 2017-10-06 12:37 | ハーブ | Comments(0)